世界日報 Web版

メディア rss

特定秘密保護法案にスパイ防止法案同様の反対紙面を構成した朝日

 ◆多数の賛成を載せず  特定秘密保護法案が国会に提出された翌日、朝日26日付は異様な反対キャンペーンを張った…

続き

経済を宗教で分析したエコノミスト、神仏に由来する日本の労働観

◆真摯に宗教見つめる  2008年に起こったリーマン・ショックは、米国にとどまらず、ヨーロッパ、日本、アジアに…

続き

日韓関係修復に向け知られぬ様々な視点提供した「新報道2001」

◆若者は日本びいき?  日韓でそれぞれ新政権が発足したものの首脳会談がいまだに開かれず、関係が修復する兆しは一…

続き

「新型うつ病」のウソ

病気隠れ蓑に権利貪る/診断書出す医師の責任大  「就活」や「婚活」という略語が頻繁に使われていると思っていたら…

続き

「卵子の凍結」の波紋

崩れる結婚・家族観/フェミニズムが欲望煽る  「うつ病100万人時代」という言葉があるように、うつ病患者が増え…

続き

小泉元首相の「原発ゼロ」発言を批判した読売は小泉氏の反論も掲載

◆有意義な双方の応酬  新聞は報道においては、事実に基づく公正な記事を掲載し、論説においては社説を掲げ自社の主…

続き

Food-stamp looting 「フードスタンプ」略奪騒ぎ

Food-stamp looting A computer-software glitch over the …

続き

秘密保護法案だけでなくスパイ罪やテロ防止の共謀罪を説いた産経

◆国益人権損なう反対  特定秘密保護法案は「知る権利」や「取材の自由」に配慮する条項を盛り込むことで自民、公明…

続き

編集長が非正規の女性契約記者を弄ぶ朝日社内で続く人権侵害問題

◆サンデー毎日が取材  週刊朝日の編集長が懲戒解雇された。「重大な就業規則違反」だという。昨年、「ハシシタ」の…

続き

首相の消費増税表明に喝采する産経と日経、「やむを得ぬ」朝日、読売

◆景気への影響を懸念  来年4月の消費増税(税率5%から8%へ)が正式に決まった。4~6月期の国内総生産(GD…

続き

Russia to test new missile ロシアが新型ミサイル試射へ

Russia to test new missile Russia will test launch a co…

続き

原発問題と「自由民主」

事故対策関連記事が増える/五輪招致で首相が国際公約  自民党の機関紙「自由民主」に原発事故対策関連記事が載る頻…

続き

公明党の党外交

中韓関係改善を買って出る/尖閣で折れるなと有識者  公明党の機関誌「公明」11月号は特集「『安定の政治』で挑む…

続き

年金問題押す「プレス民主」

社会保障論議に前政権の矜持/「自由民主」は経済政策訴える  安倍晋三首相が1日、来年4月から消費税率を8%とす…

続き

北の「3年内武力統一」公言受けた韓国の課題

韓国紙セゲイルボを読む  8日、南在俊国家情報院長は国会で、「金正恩が3年内に韓半島を武力統一するということを…

続き

「米中綱渡り」の韓国外交

韓国紙セゲイルボを読む いつまで続く対日協力拒否  今回の朴槿恵大統領の東南アジア諸国連合(ASEAN)歴訪は…

続き

“キロギアッパ”の涙

韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」  「世の中が騒々しければ/綱に止まったスズメの心で/父は幼い子供の将来を…

続き

事故が相次ぐJR北海道問題で極左系労組に踏み込まない新聞報道

◆週刊誌は指弾したが  「いつの日も 真実に 向き合う記事がある」。15日から始まった新聞週間(21日まで)の…

続き

Embarrassing Obama 厄介なオバマ大統領

Embarrassing Obama President Obama drew a red line, you…

続き

普遍的テーマ得た朝ドラ「カーネーション」をアエラで評した岡室氏

◆「ドラマの力を問う」  「あまちゃん」や「半沢直樹」などテレビの人気ドラマが続いたのを受け、アエラ(10月1…

続き