世界日報 Web版

メディア rss

優しい声の寄付

韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」  ひどく運の悪い人が仏陀を訪ねてきた。仏陀の説法にすっかり根性がねじれた…

続き

The state of the president 大統領の現状

The state of the president The Constitution requires pr…

続き

護憲論調の朝毎に「表現の自由」に責任伴う主張せしめた風刺画事件

◆ムハンマド画の扱い  テロをめぐって1月に二つの衝撃が走った。イスラム教の預言者ムハンマドの風刺画を掲載した…

続き

仏国のテロに風刺と表現の自由、宗教の尊厳など文春で説く識者ら

◆キリスト教にも風刺  フランスの風刺画週刊紙「シャルリー・エブド」がイスラム過激派に襲撃された事件は「表現の…

続き

阪神大震災20年に災害時報道の在り方で「娯楽」論じる「新フジ批評」

◆救助妨げる報道ヘリ》  6434人の犠牲者を出した1995年の阪神大震災から1月17日で20年を迎えた。  …

続き

衰微する「古書店」文化 漢文教育の中止が影落とす

韓国紙セゲイルボ  半年に1度は必ず日本を訪ねる理由は古書店のためだ。東京・神保町に数日通い、「文字香、書巻気…

続き

民主党代表選、海江田路線を岡田代表継承

「原点回帰」で再編論封じ  民主党の代表選が行われた。同党の機関紙「プレス民主」1月2日号1面は「代表選を7日…

続き

社民党の衆院選、マイノリティー政党へ舵

同性愛者・石川氏が看板  社民党の12月の衆院選は吉田忠智党首になって初めての国政選挙であったが、結果は前回衆…

続き

「自由民主」の選挙分析

業績評価し「格差」に警鐘/民意検証した川上和久氏  自民党の機関紙「自由民主」は1月20日号と1月27日号で、…

続き

「政治をする大統領」に期待

韓国紙セゲイルボ  12日、朴槿恵大統領の就任3年目の新年記者会見があった。会見は遺憾ながら大統領と国民間の認…

続き

“食口”と呼ぶ家族

韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」  「ご飯食べた?」。地球村で韓国人だけが使うあいさつ言葉だ。外国人たちは…

続き

民主代表選で「原点回帰」と党の再生を中心に多彩な主張をした各紙

◆信頼回復に読売注文  細野豪志元幹事長(43)との決選投票になり、逆転で辛勝した岡田克也代表代行(61)が選…

続き

阪神大震災20年に非常事態条項で改憲を説くべきだった読売、産経

◆危機管理のお粗末さ  阪神大震災から20年が経った。各紙が特集を組んでいるが、それらを読むと当時、国の危機管…

続き

今年の「経済大予測」でカギとなる原油安の動向に各誌の関心が集中

◆経済に楽観的見通し  原油安が続いている。ようやく、日本のガソリン価格も庶民が「安くなった」と実感できるレベ…

続き

海外でも多発する子宮頸がんワクチン副反応を追った「NEWS23」

◆推進派の主張を覆す  重篤な副反応とみられる症例が予想を超えて多く発生していることから、接種の積極的勧奨が一…

続き

ノーベル科学賞有力候補の誕生 今年、韓国人初の受賞に期待

韓国紙セゲイルボ  「正しい科学技術社会実現のための国民連合」は、2015年の韓国科学シーンを予見した「10大…

続き

南北対話は急がず落ち着いて対応を

韓国紙セゲイルボ  金正恩(キムジョンウン)の新年の辞は北朝鮮の深刻な外交的孤立から抜け出そうとする切迫感がよ…

続き