世界日報 Web版

メディア rss

主力読者層の高齢化をうかがわせる朝日、文春の健康・医療関連記事

◆最近注目のフレイル  週刊朝日(1月19日号)はトップ記事に「老齢症候群フレイルに負けるな」を掲載した。フレ…

続き

訪日外国人客が見いだす「日本」の良さや潜在性を伝えた新春「新報道」

◆SNSが変える流れ  驚きの瞬間や笑える一発芸、干支(えと)の戌(いぬ)年にちなんだ愛犬のかわいい仕草など、…

続き

南北高官級会談に見る北の前例にない瞬発力

韓国紙セゲイルボ  9日、板門店平和の家で南北高位級会談が約2年ぶりに開かれる。北朝鮮の金正恩労働党委員長が新…

続き

地球村の小寒酷寒

韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」  小寒。漢字の意味を解けば「少し寒い日」だが実際は違う。「大寒が小寒の家…

続き

南北会談で交錯した与野党の反応 、“期待以上”と“なぜ行った”

韓国紙セゲイルボ  北朝鮮選手団の平昌冬季五輪参加と南北軍事当局会談開催などが合意された9日、結果をめぐって与…

続き

経済社説で今年を課題解決の好機と強調し取り組み訴えた日経、産経

◆就労と年金を再検討  2018年最初の東京株式市場は、日経平均株価(終値)が741円高の2万3506円と26…

続き

憲法改正論議で俎上に上げるべき家族条項に触れようとしない各紙

◆優しさと力の源泉に  お正月が過ぎると毎年、歌手の中島みゆきさんの『帰省』が心に響いてくる。  ♪遠い国の客…

続き

今年の日本経済を楽観的に予測するも「地政学的リスク」を指摘する3誌

◆株価は今後も上昇か  年明けから株高が続いている。1月4日の東京株式市場大発会では日経平均株価の終値が前年末…

続き

LGBTのパートナー解消記事を短信で扱い制度の検証を怠る朝日

◆関連記事かなり減少  東京都渋谷区で、同性カップルの関係を「結婚に相当する関係」と認めて、その証明書を発行す…

続き

沖縄2紙の「ヘイトスピーチ」 米軍を「無法者」呼ばわり

《 沖 縄 時 評 》 地元住民の犯罪・飲酒は軽視 ◆全て「差別」のせいに  「沖縄差別」。昨年、沖縄2紙(沖…

続き

平昌五輪“ノーショー”寒さと無関心との戦い

韓国紙セゲイルボ  新年が明けた。平昌冬季五輪まであとわずか。苦労し3度目にして誘致した五輪だが、まだ憂慮の声…

続き

黄金の戌年

韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」  希望の新年を迎えた。六十甲子(干支)の35番目に当たる戊戌の年だ。十干…

続き

日韓慰安婦合意見直し、文大統領悩ます“最終判断”

韓国紙セゲイルボ  文在寅大統領が28日明らかにした日韓慰安婦合意検討タスクフォースの調査結果に対する立場は事…

続き

中国、北朝鮮について重要記事を連発した年末年始の小紙1面トップ

◆目離せぬ中朝の動向  今年元旦の新聞第1面トップ記事は、北朝鮮によってもたらされる国難に直面する日本に関わる…

続き

北朝鮮問題の分析甘過ぎる毎日と「中露朝密輸ネットワーク」暴露した読売

◆ゲリラ侵入から50年  新たな年を迎えた。平成30年、明治から数えて150年の節目の年。年頭から日本列島は寒…

続き

日馬富士暴行事件をめぐり貴乃花親方の「激白」を載せた新潮と文春

◆実際は支援者の証言  日馬富士暴行事件に端を発した日本相撲協会の内紛が年を越しても収まりそうもない。それどこ…

続き

サウジ皇太子の改革推進に期待を寄せるイラン人ジャーナリスト

◆女性解放で競い合い  中東の大国サウジアラビアで、ムハンマド皇太子による経済・社会改革が進められている。サル…

続き

平昌でも感じない“オリンピック熱気”

韓国紙セゲイルボ  京江線KTXに乗ってソウル駅から平昌冬季五輪会場に向かった。万鍾駅で残念な光景が広がってい…

続き

「仁川上陸」最後の参謀

韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」  作戦名「クロマイト」。朝鮮戦争の戦況を一気に逆転させた仁川上陸作戦のこ…

続き

“自画自賛外交”という情けない現実

中国要人との会食2回のみ  「易地思之(立場を替えて考える)」。大統領府高位関係者はこの四字熟語が13~16日…

続き

18年度予算案に財政規律の面で危機感欠けると右も左も批判の各紙

◆社保費の伸びは枠内  「将来への不安に応えているか」(読売)、「危機感がなさすぎる」(朝日)、「歯止めなき膨…

続き

太陽黒点数減少から予測される地球寒冷化に警鐘鳴らす産経コラム

◆覆されたエネ予測  年末に「予測」について考えてみる。この時期、来年はこうなる、といった予測がメディアをにぎ…

続き

「聖誕」の奇跡“信じる”減少

米調査、宗教的な傾向弱まる  米国人の過半数は、イエス・キリストの「聖誕」にまつわる逸話を事実だと思っているが…

続き