世界日報 Web版

教育 rss

機動隊員発言問題の本質

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)  沖縄県の米軍北部訓練場(東村)で警備に派遣されていた大阪府警の機動隊員…

続き

金沢商業高生徒の観光ガイドが修学旅行生に好評

「同世代」に親近、手作りのイラストや写真を準備 兼六園や金沢城公園などをボランティアで案内  北陸新幹線の開通…

続き

電通の女性過労死に想う

 10月7日、昨年クリスマスに自殺した電通の女性社員の過労死認定がされた。亡くなった高橋まつりさん(24歳)は…

続き

子供たちの豊かな成長支える

コミュニティ・スクールと地方創生 岩国市会議員 前野弘明氏に聞く  学校と保護者や地域の人々がともに知恵を出し…

続き

横浜の「日本新聞博物館」が今夏リニューアル

情報過多の時代、取捨選択する力を  1871年、「横浜毎日新聞」が産声を上げて145年、日刊新聞発祥の地横浜に…

続き

異常気象と秋の空

 「秋を描いてこい」。小学校5、6年生のころ、担任の先生から図工の時間にこんな課題を与えられ、校舎の外、校庭や…

続き

葛西臨海水族園が子供たちに教育プログラムを

海の生き物を保護する人材の育成を目指す  地球温暖化に伴う海水面の上昇や生物種の減少など、海洋環境の変化が叫ば…

続き

過剰な薬依存

 厚生労働省が今月末、2014年度の国民医療費が8年連続で過去最高を更新し、40兆円を突破したと発表した。近年…

続き

学力テスト、切磋琢磨で一層の向上を

 小学6年と中学3年を対象に4月に行われた全国学力テストの結果が公表された。都道府県別では、下位層の成績が全国…

続き

地方創生と私立大学の生き残り

 一般社団法人「レジリエンスジャパン推進協議会」のワーキンググループが今春出した家族人口政策の政策の提言「持続…

続き

青森・むつ市、市民に高度な学習機会を提供

サテライトキャンパス開設、弘前大学などと連携  大学など高等教育機関がない青森県むつ市が、弘前大(弘前市)、青…

続き

曖昧な待機児童の定義

 9月早々、厚生労働省が潜在的待機児童6万7354人と言う集計結果を公表した。これは育児休暇中や認可など特定の…

続き

依然低い教育への公的支出

 筆者が大学に入学した昭和51(1976)年、国立大の授業料は年間9万6000円だった。今から40年も前のこと…

続き

家庭教育の専門家が一堂に会して熱い討議

日本家庭教育学会のシンポジウム  グローバル人材育成に向けて、政府は英語教育に力を入れている。一方、国際調査で…

続き

男性保育士の難題

 待機児童が2年連続で増えている。受け入れ定員は拡大したが、利用希望者がそれより増えているからだ。そんな中で、…

続き

北海道師範塾「教師の道」で教師魂を磨く

向上する教師目指し定期講座、民間企業トップ招き講話  教師の質の低下がいわれて久しい。学校現場での人間関係や肉…

続き

「詰め込み」と「ゆとり」の狭間で

 次期学習指導要領の「審議まとめ(案)」が、8月1日に開かれた文科省教育課程企画特別部会で示された。「社会に開…

続き

前近代の教育が教えること

名寄市立大学教授 加藤 隆 正しい姿勢と素読重視 「分け隔て」をせず共に学ぶ  近代国家を目指して日本が邁進(…

続き

復興で一番大切なものはヒト

教育は国家百年の大計 香川県議会議員 有福哲二氏に聞く  教育こそは国家百年の大計だと、ライフワークとして教科…

続き

崩壊の危機に瀕する検定制度

大月短期大学教授 小山 常実 過激な反日教科書登場 「学び舎」に数々の検定基準違反  昨年4月、中学校教科書の…

続き

国際教養大学で行われた交流イベントに15人集まる

“太鼓の神様”キム・ドスク教授が指導  韓国芸術総合学校(日本の4年生国立芸術大学に相当の)のキム・ドクス教授…

続き

「健康家族」を取り戻すために

 心療内科医の星野仁彦氏(福島学院大学教授)が、著書『子どものうつと発達障害』(青春出版社)の中で、「健康家族…

続き

富山・石川・福井の北陸3県が共同で修学旅行を誘致

北陸新幹線の開業を契機にアピール  昨春の北陸新幹線開業を契機に、首都圏の学校に修学旅行で北陸に来てもらおうと…

続き


PAGE
TOP