世界日報 Web版

教育 rss

命の大切さをどう教えるか 一燈園・燈影学園学園長 相大二郎氏に聞く

言葉では教えられない「命」や「心」  2004年の小6女児同級生殺害事件を機に「命の教育」に力を入れてきた長崎…

続き

酪農郷の魅力生かす山村留学

岩手・葛巻高で来年度スタート  岩手県葛巻(くずまき)町は、町内唯一の高校、県立葛巻高(全日制普通科、梅津久仁…

続き

「日本に生まれたい」8割経済生活より心の幸福感

 「日本人の国民性調査」(統計数理研究所)で、日本人の長所として「勤勉」「礼儀正しい」「親切」を挙げる人が7割…

続き

人材輩出の教育的土壌を紹介 企画展「幕末・維新 加賀の教育」

 近代に入り、金沢は傑出した人材を次々と輩出した。例を上げれば、タカジアスターゼなどの薬を創製した化学者の高峰…

続き

小中一貫校の4割超に中一ギャップ緩和の成果

 中央教育審議会の特別部会は先月31日、小中一貫校に関する新たな答申案をまとめた。  これまでは特例でしか認め…

続き

「生きる力」育むのに道徳の教科化が不可欠だ

 中央教育審議会が小中学校で道徳を正式な教科に格上げするよう答申したことで、検定教科書を使った道徳教育が平成3…

続き

「私たちの道徳」の持ち帰り、中学校の2割で「指導せず」

 文部科学省は今年4月から小中学生向け道徳教材「私たちの道徳」を配布し、家庭や地域でも活用するよう呼びかけてき…

続き

生徒自身で決めたSNSマナー

群馬県藤岡市立小野中学校の試み  いじめや仲間外れ、さらには誹謗(ひぼう)中傷、犯罪被害に遭うなどSNS(ソー…

続き

根本精神曖昧な教育基本法

名寄市立大学教授 加藤 隆 「人格完成」の人間像を 制定過程審議で生じた齟齬  戦後の道徳教育は、一貫して「人…

続き

サッカー選手の夢実現させて

心臓移植が必要な中学1年生・松島良生君  沖縄県北谷町の中学1年生、松島良生(らい)君(12)は難病の心筋炎後…

続き

高校1年生の半数に「ネット上だけの友人」

 ネットの利用から犯罪被害に遭う子供が増えているが、高校1年生のほぼ半数に、インターネットの交流サイト上だけで…

続き

大学入試の抜本的改革を 下村博文・文部科学大臣に聞く

 下村博文・文部科学大臣(教育再生、東京オリンピック・パラリンピック担当)はこのほど文部科学省大臣室で本紙のイ…

続き

柔軟なアメリカの大学制度

評論家 大藏 雄之助 教授と“契約”する学生 単位ごとの授業料は合理的  アメリカの大学の新学年の始まりは9月…

続き

43年続く「ふるさとのツバメ総調査」

石川県内の全小学6年生、自然保護の心芽生える契機に  小学6年生による「ふるさとのツバメ総調査」を昭和47年か…

続き

生後1カ月以内の虐待死7割近くが「望まぬ妊娠」

 厚生労働省が先月発表した「子ども虐待による死亡事例等の検証結果」によると、過去10年間に虐待で死亡した子供は…

続き

子供のスマホ利用、まず保護者が危険認識を

 児童ポルノ事件の中で、被害者がスマートフォン(スマホ)で加害者と出会うケースが増えている。家庭や学校は、子供…

続き

不登校経験者らが演劇・太鼓熱演

秋田・三種町「長信田の森心療クリニック」に集う若者  不登校や引きこもり経験者が9月21日、自分たちの等身大の…

続き

ベテラン教員大量退職で「年齢構成」などに課題

 文部科学省が8月に発表した「学校教員統計調査」で、教員の平均年齢が下がっていることが明らかになった(調査は昨…

続き

日本薬物対策協会、薬物乱用防止で教師向け研修

危険性と共に人生考えさせる  脱法ドラッグの呼称が「危険ドラッグ」になってから2カ月。危険ドラッグを吸引して交…

続き

子育て世代の共働き急増で乳幼児が深刻な睡眠障害に

 日本は世界有数の夜更かし大国と言われる。赤ちゃんが寝る時間の国際比較では、夜10時以降に寝る赤ちゃんの割合が…

続き

道徳教育に欠かせない宗教 教育評論家 棚橋嘉勝氏に聞く(下)

死は人生教育の場  道徳教育の教科化が課題になっている。教育基本法第15条(宗教教育)では「宗教に関する寛容の…

続き

沖縄・浦添市、深夜徘徊防止でフォーラム

「夜回り先生」水谷修さんが講演  沖縄県では、深刻化する少年非行、中でも、青少年の深夜徘徊(はいかい)が深刻な…

続き

学力テストの成績上位県で目立つ家庭での生活習慣

 文部科学省が4月に実施した「全国学力・学習状況調査」の結果が公表されたが、今回も秋田県や福井県が成績上位だっ…

続き