世界日報 Web版

上昇気流 rss

健康食品としても重宝されるアーモンドは…

 健康食品としても重宝されるアーモンドは、そのほぼ100%が輸入品。山梨県甲斐市在住の株式会社花野果(はなやか…

続き

新聞週間(15日~21日)が始まっている。…

 新聞週間(15日~21日)が始まっている。今年の標語は「新聞で 見分けるフェイク 知るファクト」である。新聞…

続き

通りすがりの人間に危害を加える出会い頭の…

 通りすがりの人間に危害を加える出会い頭の事件や通り魔事件では犯人にはっきりした動機がない場合が少なくない。川…

続き

「秋雨の社前の土のよくすべる」(高浜虚子)…

 「秋雨の社前の土のよくすべる」(高浜虚子)。このところ朝夕が涼しいのに、日中は30度近くまで気温が上がるとい…

続き

縫いぐるみというのは、手で持ったり抱いたり…

 縫いぐるみというのは、手で持ったり抱いたりできるのがいいのだろう。そうするうちに情が移り、外出する時も連れて…

続き

食習慣が典型的だが、特定の地域では全く…

 食習慣が典型的だが、特定の地域では全く普通に行われている習慣が、実は日本のその他の地域にはない独特のものだっ…

続き

今年のノーベル経済学賞を受賞するのは、…

 今年のノーベル経済学賞を受賞するのは、米シカゴ大学のリチャード・セイラー教授である。人間の心理を意思決定の分…

続き

衆議院選挙が公示され、いよいよ戦いの火蓋が…

 衆議院選挙が公示され、いよいよ戦いの火蓋が切られた。12日間の短期決戦だが、それにしても選挙戦突入前の動きが…

続き

「天然資源を損なわない養殖産業が持続可能な…

 「天然資源を損なわない養殖産業が持続可能な漁業の鍵を握っている」とは、熊井英水・近畿大学名誉教授の言葉(著書…

続き

「わが頭上最も青し秋の天」(岩崎偶子)。秋の…

 「わが頭上最も青し秋の天」(岩崎偶子)。秋の晴れた日には、その澄み切った青い光に思わず空を見上げてしまうこと…

続き

今年のノーベル文学賞に、長崎生まれの日系…

 今年のノーベル文学賞に、長崎生まれの日系英国人作家カズオ・イシグロ氏が決まった。村上春樹氏より先ではという声…

続き

「だれかれに耳打ちなどをして武士たちから…

 「だれかれに耳打ちなどをして武士たちからうとまれるようなことがあってはならぬ」と源頼朝は弟の範頼に手紙を送っ…

続き

新田次郎の『アラスカ物語』は、エスキモーの…

 新田次郎の『アラスカ物語』は、エスキモーの一族を救出してアラスカのモーゼと仰がれた日本人、フランク安田を主人…

続き

旅行口コミサイト「トリップアドバイザー」…

 旅行口コミサイト「トリップアドバイザー」(米マサチューセッツ州)が発表した「旅好きが選ぶ!日本の城ランキング…

続き

選挙に勝つためなら何でもあり――とばかりに…

 選挙に勝つためなら何でもあり――とばかりに、沈みかかったドロ舟から脱出を図ったのはひとまず分かる。その収容先…

続き

「2番じゃダメなんですか?」の発言で失笑を…

 「2番じゃダメなんですか?」の発言で失笑を買ったのは、民進党前代表の蓮舫氏。8年前の発言だが、コンピューター…

続き

「川の色俄に変り秋日落つ」(小林耕生)…

 「川の色俄に変り秋日落つ」(小林耕生)。目に染みるような青空を見ると、秋になったという実感が深まる。本を読む…

続き

野党第1党で、かつて政権を担ったこともある…

 野党第1党で、かつて政権を担ったこともある民進党が、一夜にして実質的に解党し、小池百合子代表率いる「希望の党…

続き

文化庁の「国語に関する世論調査」は、すっかり…

 文化庁の「国語に関する世論調査」は、すっかりおなじみになった。今回の調査で登場した表現の一例は「ぞっとしない…

続き

2015年、米国のオバマ大統領から大統領自由勲章…

 2015年、米国のオバマ大統領から大統領自由勲章を授与された黒人女性がいた。米航空宇宙局(NASA)のラング…

続き

安倍晋三首相が遂(つい)に「伝家の宝刀」を…

 安倍晋三首相が遂(つい)に「伝家の宝刀」を抜いて、28日衆院解散を発表した。野党は「加計隠し」「解散の大義」…

続き

さて、今年は誰かな? 来週は10月2日の生理学…

 さて、今年は誰かな? 来週は10月2日の生理学・医学賞から始まるノーベル賞週間である。人類に恩恵をもたらした…

続き

災害の被害をできるだけ軽減する「減災」の…

 災害の被害をできるだけ軽減する「減災」の考え方が、国民の間に浸透してきている。経済・産業界では中部経済連合会…

続き


1 / 6312345...102030...最後 »

PAGE
TOP