世界日報 Web版

コラム rss

「韓国訪問」は法王の健康上リスクか

 ローマ法王フランシスコは27日、予定していたローマ市のガメリ病院創設50周年記念行事の参加を「体調不良」を理…

続き

「かきくもる空より雹(ひょう)をたゝきつけ」…

 「かきくもる空より雹(ひょう)をたゝきつけ」(夏目麦周)。先日、東京都三鷹市や調布市の一部で突然、雹が降り驚…

続き

北、国連に「麻薬報告書」を提出せず

 「国際麻薬乱用撲滅デー」の26日、国連薬物犯罪事務所(UNODC)はウィーンの本部で「2014年世界麻薬報告…

続き

100年前のきょう、ボスニア・ヘルツェゴビナ…

 100年前のきょう、ボスニア・ヘルツェゴビナのサラエボで、オーストリア・ハンガリー帝国の皇位継承者フェルディ…

続き

イスラム過激派と穏健派

地球だより  イスラム過激派の動きが、イラクをはじめとしたシリアなどの中東諸国および国際社会を悩ませている。 …

続き

お抱え運転手の告発

韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」  朝鮮時代の情報通は断然、馬子だった。大鑑(テガム)(正二品以上の高官)…

続き

「金目」という単語を新聞の活字やテレビの…

 「金目」という単語を新聞の活字やテレビの字幕で見た時、「金目(きんめ)」と一瞬誤解した。あのおいしい金目鯛の…

続き

「関東甲信は雲が多く、昼前から雨や雷雨。…

 「関東甲信は雲が多く、昼前から雨や雷雨。局地的な激しい雨や落雷、突風などに注意」。24日付小紙に載った天気予…

続き

真実の探求続ける星雅彦氏

沖縄発のコラム:美ら風(ちゅらかじ)  「沖縄戦の実情はどこかでゆがめられている。もう一度洗い流して考えなけれ…

続き

全国の公示地価(今年1月1日時点)は、…

 全国の公示地価(今年1月1日時点)は、東京、大阪、名古屋の三大都市圏で住宅地が前年比0・5%、商業地が1・6…

続き

過激派復活はオバマ氏のせい

米コラムニスト チャールズ・クラウトハマー 米軍イラク撤退の代価 300人の軍事顧問を派遣  【ワシントン】ジ…

続き

接種奨励が一時中止されている子宮頸がん…

 接種奨励が一時中止されている子宮頸がんワクチン(以下、ワクチン)について、国(厚労省)は接種を積極的に勧める…

続き

地球益外交のうんざり

 中国・北京市で「世界平和フォーラム」が開催された。フォーラムに参加した鳩山由紀夫元首相は6月21日、講演を行…

続き

今時の若い者は…

 「今時の若い者は…」というのは、年老いた人間が息子や孫の世代に対して一言、物申す時の決まり文句だ。これは昔も…

続き

通常国会が閉幕 与野党のチエの出し合いを

 永田町は一生懸命やっている。国民は永田町の刻苦精励を多とするに吝かではない。しかしそれでも何となく物足りない…

続き

足りないのは数?質?

地球だより  このところフィリピンでは、有名人が殺害される事件が相次ぎ、治安の悪さが際立つ結果となっている。 …

続き

「河野談話」は実は妥協の産物だった

 時事通信は20日、「日本政府が同日、従軍慰安婦問題への旧日本軍の関与を認めて謝罪した1993年の河野洋平官房…

続き

「殖産興業の事業を興し、国民の一人といえ…

 「殖産興業の事業を興し、国民の一人といえども怠惰であったり参加できなかったりということがないようにし、国民を…

続き

「子燕のさゞめき誰も聞き流し」(中村汀女)…

 「子燕のさゞめき誰も聞き流し」(中村汀女)。先日、商店街を歩いていたら、目の前をツバメが飛び交っていた。  …

続き

海外に暫く滞在して日本に帰国したりすると、…

 海外に暫く滞在して日本に帰国したりすると、街の電柱や電線が妙に目障りに感じる。美しい街並みが残る欧州などから…

続き

熱狂ムードには程遠く…

地球だより  サッカー・ワールドカップ(W杯)は、米国でも注目を集めている。が、日本のように国民総出で自国の代…

続き

普通に「虫」でいいのに「虫けら」と言う…

 普通に「虫」でいいのに「虫けら」と言う場合がある。「虫けらのように扱われた」と言えば、いい扱いを受けた様子は…

続き

海水浴場の飲酒禁止

韓国紙セゲイルボ・コラム「説往説来」  ハワイのホノルル、ワイキキビーチの夜の風景は、ひっそりとしてもの寂しい…

続き