世界日報 Web版

経済 rss

人民元の国際化、世界が納得する改革進めよ

 国際通貨基金(IMF)が、通貨危機などに備えた準備資産「特別引き出し権(SDR)」の構成通貨に中国の人民元を…

続き

連続マイナス成長、「好循環」再生に大型補正を

 2015年7~9月期の国内総生産(GDP)は、本紙でも度々(たびたび)懸念していた通り、実質で前期比0・2%…

続き

訪日外国人観光客増加の鍵握る情報の発信とサービス

 訪日外国人観光客増加のための政府の「明日の日本を支える観光ビジョン構想会議」(議長・安倍晋三首相)の初会合が…

続き

アベノミクスは大丈夫か

鈴木政経フォーラム代表・経済学博士 鈴木 淑夫 生産性向上対策が大切 政策の道筋を明確にせよ  先月発足した安…

続き

日銀の物価上昇率目標先送りの主因である消費税増税に触れぬ各紙

◆修正求める毎日など  日銀が先の金融政策決定会合で、現行金融政策の維持と、2%の物価上昇率目標の達成時期を従…

続き

岐路に立つ農業などTPP合意の各誌検証は対中戦略の視点が欠如

◆構造改革を迫られる  加盟国12カ国による環太平洋連携協定(TPP)交渉が10月5日に大筋合意した。政府は2…

続き

8月コアCPI低下に慌てるな

鈴木政経フォーラム代表・経済学博士 鈴木 淑夫 必要ない追加金融緩和 趨勢現すのはコアコアの方  8月の生鮮食…

続き

TPP大筋合意、成長力を取り戻す原動力に

 自由、民主主義、基本的人権、法の支配といった価値観を共有する日米など12カ国が、環太平洋連携協定(TPP)締…

続き

日銀短観が示す企業の先行き懸念にあくまで「構造改革」求める日経

◆急減速の懸念は尤も  消費税増税を積極的に支持し、景気より財政健全化重視の姿勢を示している日経にしては、景気…

続き

アベノミクス誤算は消費に

経済ジャーナリスト 尾関 通允 売り手が競争する時代 効率的で小さな政府目指せ  いわゆるアベノミクス=安倍政…

続き

懸念深まる景気の先行き

 日銀が発表した9月の全国企業短期経済観測調査(短観)では、企業の景況感が大企業製造業で3期ぶりに悪化し、先行…

続き

中国失速と米国利上げの有無から世界通貨危機を観測特集した各誌

◆バブル崩壊した中国  9月中旬、世界の金融界は米国の動きを注視した。FRB(連邦準備制度理事会)がそれまで取…

続き

「軽減税率」で財務省案を徹底批判し欧州型の検討求めた読売、産経

◆国民負担を各紙強調  つい最近までは、連休入りの19日未明に成立した安保関連法に関する社説が左派の新聞に異常…

続き

高すぎる日銀のインフレ目標

鈴木政経フォーラム代表・経済学博士 鈴木 淑夫 追加緩和はすべきでない 過去の2%台はバブル期だけ  7月の全…

続き

サンマ・マグロ、実効性ある資源管理主導せよ

 「秋の味覚」として親しまれるサンマ、すしネタとして人気の高いマグロ。日本人になじみ深い両魚種の資源減少を食い…

続き

買い手市場強まる日本経済

経済ジャーナリスト 尾関 通允 気がかりな中国の変調 アベノミクスは試練に遭遇  業種業態によって業況に格差が…

続き

訪日客急増、地方創生につなげる工夫を

 今年の訪日外国人客数は7月時点で1000万人を突破した。これまで最速だった昨年より3カ月早い達成だ。  訪日…

続き

戦後70年エコノミストの経済特集は検証は妥当でも未来図を描けず

◆石油と為替の戦後史  今年は戦後70年。経済誌で戦後70年を検証し特集を組んでいるのは、今のところ週刊エコノ…

続き

GDPマイナス、消費増税の影響が大きい

 日本経済は景気拡大の力強さを欠いたまま、またマイナス成長に転じてしまった。4~6月期の国内総生産(GDP)は…

続き

戦後金融政策の試練と挑戦

鈴木政経フォーラム・経済学博士 鈴木 淑夫 発展、挫折、新たな挑戦 ギリシャ化寸前に朝鮮動乱  戦後70年間、…

続き

世界経済に悪影響及ぼす中国上海株急落・ギリシャ危機を3誌特集

◆国際金融の不安要素  今年3月のギリシャ選挙を境にEU(欧州連合)が揺れ始めた。急進左派で緊縮財政に反対する…

続き

遺憾な東芝の不正経理操作

経済ジャーナリスト 尾関 通允 世間を欺く“企業犯罪” 傷付いた信用信頼取り戻せ  いわゆる戦後期のまだ早い頃…

続き

株価の乱高下で中国当局の露骨な市場介入をそろって批判する各紙

◆景気実態に日経警告  中国経済が怪しくなってきた――。最近の中国株式市場の株価の動きは、その兆候の一つとみて…

続き