世界日報 Web版

波乱予想させる新年経済、低成長の中で消費増税


400

 先月20日、政府は現在の景気拡大が戦後最長の「いざなみ景気」(02年2月~08年2月の6年1カ月)に並んだ可能性が高いとの認識を確認。茂木敏充経済財政担当相は「雇用・所得環境が大幅に改善した」と強調した。

 第2次安倍政権が発足した12年12月を起点とする現在の景気拡大は、日銀の大規模金融緩和を背景に円安・株高が進み、海外経済の拡大もあって輸出主導の息の長いものとなり、就業者数を増やすなど雇用環境も改善させた。この点で、「戦後最長の景気拡大」はアベノミクスの大きな成果の一つと言える。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ