世界日報 Web版

物価目標より景気持続が大切


鈴木 淑夫

鈴木政経フォーラム代表 経済学博士 鈴木 淑夫

 米国の連邦準備制度理事会(FRB)は、9月26日、政策金利であるフェデラル・ファンド(FF)レートの誘導目標を0・25%引き上げ、2・00~2・25%とした。ゼロ金利から数えて8回目の利上げである。今後は年内にさらに1回(2018年中合計4回)、19年中に3回、20年中にも1回の利上げが見込まれている。この通りなら、最終の20年の利上げで3・25~3・50%に達する。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ