世界日報 Web版

またも仮想通貨流出で業界にずさんな管理態勢の改善を求めた各紙


◆対策怠り流出阻めず

 今度は金融庁が認めた「登録業者」からの仮想通貨流出である。

 大阪市の仮想通貨交換業者の「テックビューロ」がシステムへの不正アクセスを受け、1時間余りの時間に70億円相当が外部に流出し、そのうち45億円分は顧客から預かった資産だった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ