世界日報 Web版

異次元金融緩和の副作用修正を


鈴木 淑夫

鈴木政経フォーラム代表・経済学博士 鈴木 淑夫

 金融緩和の強化か、出口政策への第一歩か、どちらを向いているのか分からない政策変更が7月31日に発表されてから1カ月余りがたった。いまだに市場の一部にはとまどいも見られるが、幾つかの事がはっきりしてきた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ