世界日報 Web版

米中の第2弾貿易制裁・報復に対話継続を訴えるしかない各紙社説


◆対米懸念を示す毎日

 読売「摩擦の泥沼化回避に力尽くせ」、朝日「拡大回避へ対話続けよ」、毎日「混乱広げる不毛な根比べ」、日経「貿易摩擦緩和へ米中対話の窓口閉ざすな」――

 米国が中国の知的財産権侵害を理由に、160億㌦相当の輸入品に25%の追加関税を課す第2弾の制裁措置に踏み切り、中国も同規模の報復措置を発動したことを受けての25日付社説の見出しである。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ