世界日報 Web版

米欧首脳の摩擦回避を評価するも管理貿易化に警鐘鳴らす日経、産経


◆貿易戦争は一時停戦

 トランプ米大統領と欧州連合(EU)のユンケル欧州委員長が、ホワイトハウスで会談し、工業製品の関税撤廃に向けて新たな貿易協議を始めることで合意。米国が輸入制限を検討する自動車分野の結論は先送りされ、さらなる関税引き上げの応酬は棚上げされる見込みで、貿易紛争は“一時停戦”となった。

 社説で論評を発表した各紙はおおむね、一時停戦を評価するものの、協議の行方、特にトランプ氏の今後の出方を不安視するものや、管理貿易化への傾斜に警鐘を鳴らすものなどの違いを見せた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ