世界日報 Web版

米国の対中貿易制裁にデジタル技術めぐる覇権の視点で迫った産経


◆中国の戦略にも問題

 日経「米中の貿易戦争で世界を危険にさらすな」(17日付)、毎日「貿易戦争に勝者はいない」(同)、読売「制裁と報復の連鎖を断ち切れ」(19日付)、産経「これで覇権を阻めるのか」(同)――。

 米国が知的財産権の侵害を理由に、年5000億ドル(約5・5兆円)相当の中国製品へ制裁関税を課すと発表。それを受け、中国が制裁が発動されれば、直ちに同規模の報復関税を掛けると応酬したことについて、論評を掲載した各紙の社説見出しである。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ