世界日報 Web版

2期目の黒田日銀の課題に「独立性の信念」を持ち出し批判した毎日


◆異論検討求める朝日

 日銀総裁に黒田東彦氏が再任され、黒田日銀の2期目がスタートした。

 欧米で金融正常化の「出口」戦略が進む中、2%の物価目標にはいまだ届かず、「異次元緩和」の副作用が目立ち始めてきた。また、緩やかながら拡大を続ける景気にも、“米中貿易戦争”の懸念など海外要因を背景に先行き警戒感が強まり変調の兆しを見せ始めている。こうした課題に2期目の黒田日銀はどう取り組むのか――。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ