世界日報 Web版

EV開発で立ち遅れ大きな岐路に立たされる日本の自動車メーカー


◆世界の潮流はEVに

 自動車は今や日本経済の“産業のコメ”となっている。かつて鉄や半導体が日本経済を牽引(けんいん)し、「産業のコメ、メシの種」と言われてきた。それらの産業が中国や韓国に取って代わられた感のある現在、国内産業を見渡せば「自動車一強」といっても過言ではない。ところがここにきて、自動車業界が大きな岐路に立たされている。世界の潮流が電気自動車(EV)へ向かいつつあるのだ。排気ガスを出さず、無公害で環境にも優しいとされるEV。果たして日本はEVでも世界を牽引していくことができるのであろうか。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ