世界日報 Web版

消費再増税の是非占う指標


鈴木 淑夫

不安な経済成長下振れ

鈴木政経フォーラム代表・経済学博士 鈴木 淑夫

 「経済最優先」の安倍改造内閣が発足したが、当面の経済成長は、9月5日の記者会見で黒田日銀総裁が認めたように、「若干下振れ」している。消費増税前の駆け込み需要の反動減は、大したことはないという大新聞の論調も、4月以降の経済指標の公表が増えるにつれ、変わってきた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
新規会員登録へ
ログインへ